九州エリア

【宮崎県】成田 あす香(2014認定/15年インストラクター)


100歳まで歩ける足を育てる「保育士」。

10年前に東京から宮崎へ移住しました。

足育の必要性を感じたきっかけは、子育て支援活動の中で出会った「しゃがみ歩き」ができない子どもたち。

東京で関わった子どもたちは2歳でできたことが、3歳を過ぎてもできないことに疑問をもち、「車社会で歩く機会が少なく、運動能力の発達の機会が失われているのでは」と気づきました。

「足を育てることがあたりまえの社会を創る」という理念のもとに活動8年目。

宮崎県内を中心に延べ3800人を超える方に足育講座や運動あそび講座を届けています。

みやざき足育センター 
 

【鹿児島県種子島】村田 智恵美(2015年認定)


1児の母、幼稚園教諭・保育士、おむつなし育児アドバイザー。

幼稚園で働いている時、活動の中でふと気付いた子どもの足指、足の変形、土踏まずがない子どもが多い事に気付いたのが「足育」を学ぶきっかけです。

リトミックを取り入れた活動、「0歳からの足育」「家庭でできる足の育て方」など市民フェアー、子育て支援センター、ママたちのサークルなどでお伝えしています。

パパ、ママだからできること!

パパ、ママにしかできないこと!

一緒に楽しく足育を始めませんか?  
 

【福岡県】米田 雅美(2015年認定)


保育士、そしてベビー&キッズマッサージ講師として子どもの身体の発達を改めて勉強し、行きついた先が『足』の大切さ。

乳幼児期の今だから家庭でできることをご紹介しています。

足腰を使ったあそびと生活を見直せば、しっかりとした足が育ちます。

ココロとカラダを育てるのは、乳幼児期の今なのです!

「靴選びはできていますか?」「お子様の足を見てあげていますか?」幼稚園や子ども施設で足育講座を開催しています。

お気軽にお問い合わせください。