代表挨拶

代表  玉島 麻理

はじめまして。
特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会理事長の玉島麻理です。


2010年、我が家の長男の小趾が変形していることに気づき、現代の子ども達の足に変形が多いことを知ったことをきっかけに、私の“足育”は始まりました。
近所の子ども達の足もみんなどこかしら変形があり、我が子だけの問題ではないこと、足の変形から背中の歪みにつながり、自律神経にまで影響があることを知りました。このままでは子ども達の身体が心配!未来を担う大切な宝である子どもたちを守り育みたい!と思い、「子どもの足を大切にするママの会」というサークルを立ち上げ、奈良県、大阪の各地でお母さん達を対象に「足ママ勉強会」と銘打ち開催してまいりました。

保健センターや園での健康診断時に足計測を取り入れていただけないかと、行政や幼稚園、保育園も回りましたが、中々協力を得ることができませんでした。そこで、 子育てサークルのお母さん達に呼びかけ、地道に活動を重ねていきました。

子どもの足の問題は私の住む奈良だけの問題ではありません。2011年にフットケアサロンをスタートした時に遠く関東からわざわざ相談に来られた方や、信越や九州からメールでの問い合わせがあったことから、日本全体の問題だと気付きました。
全国各地で多くのお母さん達にお子さんの靴選びや、0歳からの足育を伝え広めていくことが、子どもたちの輝く未来を育むことと信じ、仲間と共に2013年2月に特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会を設立いたしました。
協会の設立の目的は”足育”の普及、啓発です。そのために全国の各地に足育アドバイザー®を養成するために足育アドバイザー®養成講座を開催しています。

現在50名を超える足育アドバイザー®が誕生し、各地で足育講座や足計測会を開催し活動しています。
足を大切にすること
自分の足に合った靴を選ぶことが当たり前になること
足元から健康を育むこと
このことが日本の未来を輝かせていくと信じています。

日本の各地域で誰もが「足育」を知り、足に関心を持ち、足を大切にしていただけるように足育アドバイザー®と共に取り組んで参ります。

日本足育プロジェクト協会とは

日本足育プロジェクト協会は、一般社会に対して、足育・フットケアの普及と足育アドバイザー®の養成に関する事業を行い、足元からの健康に関連する業界の健全な発展及び子どもから高齢者の健康で快適な生活に寄与する事を目的に設立いたしました。

当協会では「足育(あしいく)」を足の大切さを知り、足を健康に育てることを、家庭を中心とした日常生活の習慣、特に子育てに取り入れ、実践すること、と定義しています。

足のトラブルに悩む方は子どもからシニア世代まで年々増えています。 生まれてから一生涯使い、行きたいところへ運んでくれる大切な足を守るための基本的な知識があり実践すれば、トラブルを回避することができ、健康寿命を延ばすことにも繋がるでしょう。

子どもの身体は外遊びの中で育ってきましたが、昨今は歩行数も減り、社会状況からみても外遊びが減少しています。私たち大人が子どもたちが身体を使うことを意識しなければいけない時代になってきたように思います。

子育て中のお母さん達が、「足育」を知り、我が子の足の成長を見守る目を養うことが必要です。

足育アドバイザー®が全国に誕生し、社会的な信用を得て幅広く活動してまいります。
ご依頼がありましたら、協会より派遣いたします。
詳細はお気軽にお問い合わせください。


特定非営利活動法人 日本足育プロジェクト協会
構成 理事長   玉島 麻理 (足育Lab Ta・Ta・Ta代表)
名誉理事  小野直洋(小野整形外科 院長)
副理事長  成田あす香(みやざき足育センター代表)
副理事長  米丸亜矢子(癒やしのおてて代表)
理事    加藤恵美(walking smile代表)
理事    高階貴子(リフレクソロジスト)
理事    岩崎聡子(ソラチネ代表)
顧問    足立恵美(メディカルフットケア足救代表)
相談役   大谷知子 (靴ジャーナリスト)
相談役   村田トオル(大阪青山大学准教授)
監事    西野美佳(親子育ちの場らくらし代表)
住所 〒639-1131奈良県大和郡山市野垣内町72-15
電話 0743-85-6088(代表)
設立 2013年2月12日
定款 定款
設立趣旨書 設立趣旨書
貸借対照表 貸借対照表 PDF
会費 入会金¥2,000、資格会員年会費¥8,000、個人賛助会員¥5,000
企業賛助会員¥10,000〜